なたまめ茶には花粉症を抑制する効果がある!?

なたまめ茶には花粉症を抑制する効果がある!?

なた豆茶には花粉症に効果的なカナバニン、コンカナバリンAといった、なた豆茶特有の成分が含まれています。

 

アミノ酸のカナバニンは、炎症を抑えたり膿を外に出したりする働きがあります。

 

血行促進や体内浄化を高める作用もあるので、抵抗力を向上させる効果も期待できます。

 

コンカナバリンAは免疫機能に働きかける作用があり、膿の排出をサポートしてくれます。

 

花粉症の代表的な症状に、鼻水や鼻づまりがあります。

 

これは外から侵入した花粉を排除するために、洗い流して体の外に出そうとしている状態です。

 

そのため粘度は低く水のような透明でサラッとした鼻水になっています。

 

しかし症状が長引いてくると粘膜が炎症を起こすため、不快な症状に襲われてしまいます。

 

花粉症がひどくなると、粘膜の炎症が進んでかゆみや痛みの症状が強くなるため、症状を和らげるために抗炎症作用のある薬に頼ってしまいます。

 

その名前からの推測できるように、なた豆茶には幾つもの有効な栄養成分が詰まっているとされています。

 

「なた豆が腎臓病の疲労回復に効果抜群なのは、炎症を取り除いてくれるから」と説明されていることも稀ではありません。

 

実際は、シロナタマメであったり豆による血流改善が奏功しているとのことです。

 

薬は即効性がありますが、効き目が強い分副作用が出る可能性があり、眠気や頭痛などを引き起こすこともあります。

 

なた豆茶には抗炎症作用や膿を排出する作用を持つ成分が含まれていますが、薬ではないので副作用の心配がなく、カフェインが含まれていないため小さな子供からお年寄りまで幅広い世代で利用できます

 

ただ、一杯飲んですぐスッキリするというものではないので、じっくり時間をかけて効果を引き出すものになっています。

 

花粉症は毎年同じような時期に症状が発生するケースが多いので、早めに対策をとっておくと症状の悪化を抑えるのに役立ちます

 

効果的なお茶にありがちな強い苦みや薬草のような匂いはなく、普段の飲み物としても利用できるおいしさになっています。

 

飲んだ後のティーバッグはお風呂などでパッティングすると、炎症を起こした皮膚を整えてくれます。

 

たくさん作り置きをして飲みきれなくなった時には、鼻や喉がスッキリしない時は、なた豆茶でうがいをするのも効果的です。

 

このように飲む以外にも色々な使い方ができるため、日々の花粉症対策に利用できます。