【なた豆茶専門】効果や副作用を検証!|なた豆茶パラダイス

なた豆茶の効果や効能はいかに!?食べてみました!

なたまめ茶の効果として主に3つに分類されます。

 

一つ目の特筆すべき成分がカナバニンです。

 

カナバニンはなたまめ特有の主成分で、鼻の粘膜を強くする効果があります。

 

鼻の粘膜は雑菌やほこりなどの有害物質が付着すると、有害物質付着したことを脳に知らせて抗体に伝え排除した後に粘膜ごと外に放出します。

 

ただ体が弱っていたり有害物質の量が多いと抗体である白血球の数が多くなることで膿となり、それが慢性化すると鼻の気道を常にふさぐ慢性鼻炎になります。

 

そこでカナバニンを摂取することで鼻の粘膜が強くなると、鼻炎によって膿がたまった鼻の状態を膿を排出する力を戻すことで鼻の気道を良くする効果を持ちます。

 

次になたまめ茶の特筆すべき成分はウレアーゼです。

 

人間の体は体内で良い成分を作り出して細胞を活性化させていますが、しかし良い成分だけでなく悪い成分も比例して生まれている物です。
しかし悪い成分が生まれているのに体に害を及ぼさないのは、その悪い成分を排出する機能が備わっているからです。

 

ただ悪い成分を排出する機能として腎臓が挙げられますが、腎臓は常に負担がかかっているためしっかりとケアをしないと排出機能が落ちてしまいます。

 

そこでケアをする方法としてなたまめ茶のウレアーゼを摂取することであり、ウレアーゼには腎臓に吸収されると、尿素を加水分解し、アンモニアと二酸化炭素を分解する働きがあるので腎臓機能のサポートして負担を軽減してくれます。

 

最後に特筆すべき成分がコンカナバリンAという成分です。

 

人間の体が常に体内外で毒素だったり悪性の細胞そして有害な細菌類が侵入しているのに平穏無事に生活できているのは、それらの物質を無効化する力が備わっているためです。

 

ただ無効化する力は体内の状態に左右されるため、体の状態が悪い状態に傾けば無効化する力も落ちてしまいます。

 

そこでコンカナバリンAという成分を摂取すると自身の本来持っている免疫力を正常に働かせるので病気のリスクを減らしてくれます。